株式会社ゼニス

テキストが入ります。
テキストが入ります。

各種文書の日⇔英翻訳

学術の専門性と総合的な文章としての完成度を満たす、高品質の翻訳を提供しています。

論文をはじめとする学術関連文書の、日→英、英→日翻訳に対応いたします。

和文英訳について

専門内容に対応するハイレベルな翻訳

日英両言語で高水準な翻訳スキルを習得し、専門的な内容に対応できる高度な知識を持ったスタッフが担当します。日本語をそのまま英訳するだけでなく、著者の意図を的確に汲み取ったうえで、英文としてより洗練された表現を提案します。

ネイティブエディターによる英文チェック

翻訳後の文書をネイティブスタッフがチェックし、英文の完成度を高めます。

監修者による英文監修

最高グレードのプレミアム[※]ではバイリンガルの監修者が、日本人著者の意図や思想の背景を充分に理解し、日本人独特の表現をくみ取りながら英文を再チェックします。
※ 詳しくは「和文英訳プラン」を参照ください。

最高品質の論文作成を目指す方、海外からの反響がある英語webサイトを作成したい方、それぞれの目的に応じた文章を仕上げます。

  • 論文翻訳

    投稿用論文、学会発表原稿など、高度な内容の英訳は、ぜひ当社にお任せください。専門的な内容に対応できる高度な知識を持ったスタッフが、完成度の高い翻訳を仕上げます。

    おすすめプラン
    プレミアム

  • 広報コンテンツ作成

    ウェブサイトやパンフレット用に、一般や学生に向けた魅力的な英文を書くことは、論文執筆とは違った難しさがあります。ターゲットユーザーに対して訴求力のある文章を仕上げます。

    おすすめプラン
    プレミアム or スタンダード

  • 学務関係各種資料

    大学の国際化が推進されるなかで、シラバスや入試関連資料をはじめ、学内の各種資料の英文化が必要とされています。指定用語への対応も含め、正確な文書を仕上げます。

    おすすめプラン
    プレミアム or スタンダード

和文英訳プラン

グレード プレミアム スタンダード
翻訳 各分野でのPhD 取得者など、高度な知識と翻訳スキルを持ったバイリンガルスタッフが担当各分野でのPhD 取得者など、高度な知識と翻訳スキルを持ったバイリンガルスタッフが担当
ネイティブチェック 各分野でのPhD 取得者など、学術文書の添削経験が豊富なネイティブスタッフが担当 各分野でのPhD 取得者など、学術文書の添削経験が豊富なネイティブスタッフが担当
バイリンガル監修者による監修 ×
質問(投稿前に限ります) 3回まで 1回まで
  • * 投稿論文の場合、英語ネイティブによる英文校正を受けたことを証明する証明書発行が可能です。
  • * 投稿論文の場合、投稿規定にあわせたフォーマット調整もオプション(有料)にて承ります。(英文添削のオプションサービス「投稿規定対応」に相当します。)こちらのオプションは翻訳とは別途料金になります。
  • * 和文英訳と英文添削が混ざった原稿でのご依頼も承ります。

納期について

和文英訳の納期は原稿内容・分量・ご発注時期により変動いたしますので、詳しくは個別にお問い合わせください。ただ、少量の英訳でも通常、少なくとも1週間のお時間を頂戴いたします。できる限りご事情やご希望に沿わせていただきますので、お急ぎの場合はお気軽にご相談ください。

翻訳サンプル

翻訳例(当社運営学術サイト記事より)

Kyoto University Professor Kazutoshi Mori Receives the 2014 Lasker Award for Medical Research in the United States
Kazutoshi Mori, Ph.D., a professor at Kyoto University, received the 2014 Albert Lasker Basic Medical Research Award for his “discoveries concerning the unfolded protein response”. The Lasker Awards are highly regarded and popularly referred to as “America’s Nobels.” The U.S.-based Lasker Foundation announced the winners on September 8, 2014 and the awards ceremony took place on September 19, 2014 in New York City.
Dr. Mori’s research goal is to understand the unfolded protein response in cells that detects unfolded and misfolded proteins within the endoplasmic reticulum (ER) and activates mechanisms to prevent their accumulation. The accumulation of such abnormal proteins causes ER stress and is harmful to cells.
ER stress has been reported to be strongly linked to diabetes, arteriosclerosis, cancer, heart failure, metabolic disorders, and neurodegenerative diseases like Parkinson’s disease. Therefore, advances in our understanding of the unfolded protein response should contribute to the development of therapies for such diseases and disorders.
The endoplasmic reticulum is the cellular organelle where proteins fold into higher-order structures; however, proteins may not always fold properly into higher-order structures, resulting in abnormal proteins that may accumulate in the endoplasmic reticulum and cause ER stress. The endoplasmic reticulum is equipped with a mechanism called the unfolded protein response to deal with such stress.
Dr. Mori has contributed greatly to our understanding of the unfolded protein response. Starting with his discovery of the ER stress–sensing molecule Ire1, he has gone on to elucidate the mechanism by which the transcription of molecular chaperones is induced. Chaperones are proteins that assist other proteins in forming higher-order structures. He first elucidated the mechanism of unfolded protein response in unicellular organisms by studying baker’s yeast. He went on to discover that the mammalian unfolded protein response is even more complex.
Dr. Mori shares the Lasker Award this year with Peter Walter, Ph.D., a professor at the University of California, San Francisco. Both Dr. Mori and Dr. Walter, in striving to become leaders in the field of unfolded protein response, have made prominent, cutting-edge discoveries in this groundbreaking academic field.

<担当者の出身大学>
翻訳者:東京大学
ネイティブチェッカー:Duke University
監修者:京都大学

お問い合わせは

075-671-7100 または zenis@zenis.co.jp

①専門分野 ②原稿の文字数 ③ご希望納期 をお知らせいただくとスムーズです。